試作検討中カテゴリーになると

みなさま、こんにちは。アイデアステーション事務局です。

ご質問が多かったので、皆さまの投稿されたアイデアが試作検討中カテゴリーに移動した後の流れをご説明させていただきます。

アイデアステーション内で反響(いいね&コメント)が多いアイデアは[試作検討中]カテゴリーに入ります。その後、アイデアステーション事務局スタッフにより、類似品が既に販売品、または販促品として世の中に出ていないかを確認します。さらに弊社顧問弁理士により類似品が特許・実用新案、意匠、または商標登録されていないかも確認いたします。この時点で、同様の製品が見つかってしまった場合は残念ながら製品化は中止となってしまいます。しかし、そのアイデアに追加機能を加える事や、若干の仕様変更で類似品とは異なった製品として登録できる場合は、個別にアイデア発案者様とご相談させていただいております。

類似商品が特許庁に登録されていない、または世の中に出回っていない場合、アイデア発案者様にご連絡させていただき、特許庁への登録のご相談をさせていただきます。この際には登録費用も発生いたしますので、弊社負担の場合はアイデア発案者様と弊社代表と連名にて登録、またアイデア発案者様ご負担の場合は個人名での登録するのが通例となっております。

特許庁への登録が完了し、無事に知的財産権が保護されましたら、弊社取引先であります大手広告代理店、大手百貨店、またディスカウントストアへの販売品、販促品としての営業活動を行います。

取引先からの回答次第で、商品化した際の売上が見込めない場合については、商品化を諦めざる得ない場合がございますが、試作の依頼を受けた場合は試作費用についてアイデア発案者様とご相談させていただき試作に入ります。

その後、量産受注をいただきましたら、販売品、販促品の受注数量をアイデア発案者様にお伝えし、その都度利益分配のお話をさせていただきます。(アイデアステーションの仕組みもご確認ください)

以上、今後ともアイデアステーションへのアイデア投稿をお待ちしております。

アイデアステーション事務局